チャオピンボール&タイガー2

READYFOR
クラウドファンディングとはプロジェクトを掲載する掲載するログインログイン・新規登録

奥能登国際芸術祭を巡る「すずアートバス」を応援してください!!

奥能登国際芸術祭を巡る「すずアートバス」を応援してください!!
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は11月17日(金)午後11:00までです。

支援総額

2,170,000

目標金額 3,000,000円

72%
支援者
131人
残り
51時間 53分

応援コメント
西村 聡
西村 聡9時間前作品の常設展示もされてますので、引き続き「すずアートバス」を運行して頂き、珠洲へ来られた方々に乗車して頂き、作品を鑑賞してもらうことを心から願ってい…作品の常設展示もされてますので、引き続き「すずアートバス」を運行して頂き、珠洲へ来られた方々に乗車して頂き、作品を鑑賞しても…
Masafumi Sueoka
Masafumi Sueoka21時間前移動効率を考えてアートバスを利用させていただきましたが、作品の裏話や背景はもちろん、地元の方ならではのエピソード、文化風習のこと等も聞けて、思った以…移動効率を考えてアートバスを利用させていただきましたが、作品の裏話や背景はもちろん、地元の方ならではのエピソード、文化風習の…
ひろ犬
ひろ犬22時間前初めて訪れた珠洲はとても素敵なところでした。きっかけをくれた芸術祭、それを支える運営サイドが持続可能であることを祈ってます。初めて訪れた珠洲はとても素敵なところでした。きっかけをくれた芸術祭、それを支える運営サイドが持続可能であることを祈ってます。
プロジェクトの支援にすすむ
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は11月17日(金)午後11:00までです。

    //olivierhm.com/projects/suzu-artbus?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

会期:2023年9月23日(土)〜11月12日(日)
会場:石川県珠洲市全域 247.20km2 

主催:奥能登国際芸術祭実行委員会

実行委員長:泉谷満寿裕(珠洲市長)

 

国内外のアーティストが参加する地域一体型の奥能登国際芸術祭は、今年で3回目の開催を迎えます。

 

会場となる石川県珠洲(すず)市は2023年5月5日に震度6強の地震に見舞われ、市民の方々に大きなショックと被害をもたらしました。今年は自粛すべきではないかという議論もありましたが、震災からの復旧・復興に向けた取り組みの「光」となるよう、開催することを決断しました。

 

芸術祭の一つのプロジェクトである「すずアートバス」は、アート作品を巡りながら地元ガイドの方々による珠洲市の暮らしや生業、文化を伝えるツアーです。これまで、参加された方からも地元ガイドの方からも好評のお声をいただいてきました。

 

今後は、地元ガイドの人材確保とスキルの底上げをし、継続的に運営できる仕組みを作ることが必要だと考えています。クラウドファンディングという形で、より多くの方に「すずアートバス」を知っていただき、珠洲の魅力を伝えていきたい、地元の方々には珠洲のよさを再認識していただきたいと思います。

 

ぜひ皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。
 

 

 

 

すずアートバスとは

 

すずアートバスは第1回目の「奥能登国際芸術祭2017」から始まったオフィシャルツアーです。

 

珠洲市内各所に展開されたアート作品を巡りながら、地元ガイドの方々が珠洲市の暮らしや文化を丁寧に説明してくれます。

 

 

そんな「すずアートバス」の一部の運営を任されているのが、私たち「一般社団法人サポートスズ」です。

 

地域のことをよく知り、珠洲の魅力を伝える気持ちのある地元の方にお声がけをしています。ガイドの知識は少なくても、大好きな珠洲のことを皆さまに伝えたい人たちばかりです。

 

 

 

奥能登国際芸術祭とは

 

本州の中央から日本海に飛び出している能登半島。珠洲はその先端に位置しています。そんな珠洲には、かつて日本海に開かれた歴史があり、祭りや食をはじめとする豊かな文化や自然が残されています。

 

現在は、不便な「さいはて」でも、視点を変えれば未来を切り開く「先端」になる。この発想が出発点です。

 

毎年9月~10月にかけて連日市内各地で行われる「キリコ祭り」
祭りの日に親戚や友人らをごちそうでもてなす「ヨバレ」
富山湾越し見れる立山連峰

 

「奥能登国際芸術祭」は、国内外のアーティストが珠洲という場所に向き合い、土地に根差した作品を表現することで支持を集めてきました。

 

アーティスト、市民、サポーターによって協働してつくられる現代アートと奥能登の風土が響きあい、五感を揺さぶる時間と空間の体験が生まれます。

 

 

今年の秋、その芸術祭の第3回目が開催されることになりました。今回は、14の国と地域から59組のアーティストが参加します。

 

また、日本海を眺望できる場所に「潮騒レストラン」が新たにオープンするなど、さらに魅力的なスポットとなり、大きな話題を呼ぶことが見込まれます。

 

しかし、その準備の中で突如珠洲市を襲った震度6強の地震。死者1名、全壊家屋253棟、半壊家屋660棟(8月20日現在)の大きな被害をもたらしました。

 

珠洲市としては開催することを悩みましたが、この芸術祭が「日常」を取り戻すための復旧・復興に向けた「光」となるようにと思い、開催することを決断しました。

 

 

 

なぜ「すずアートバス」が必要なのか

 

第1回目にあたる2017年。初めての芸術祭を開催する上で珠洲市の公共交通の不便さが課題でした。遠方から来られた方が作品を巡るために、気軽に利用できる【アートバス】を運行した方がよいのではないかと考えました。


ただ、単に巡るだけでなく地元の方々による地域の解説があるとより珠洲市の魅力が伝わると思い、地元ガイド付きのアートバスを企画し、運行しました。地元ガイド付きのツアーはとても反響が大きく、乗車したお客さんからも「地域のお話が地元の人から聞けて良かった。」などと好評でした。

 

 

|参加者の声

車で回ろうかとも思ったが、アートバスにして正解!道も迷わないし、地元の話をいっぱい聞けるから、次の芸術祭もまた来ます。

前回も来ました。同じ作品でもまた感じ方が違う気がします。地元のいろいろな話を聞かせてもらって、珠洲らしさを味わえ、大変良かったです。

バスでまわるとその乗客の方といろいろ話せて楽しかったです。ドライバーのYさんとは前回の芸術祭で会っていて、偶然にも今回会えました。

 

 

また、このツアーは地元ガイドにとっても価値あるものとなってきています。珠洲の魅力を伝え、お客様の反応が直接返ってくることが地元ガイドの方々の活気の源になり、珠洲の良さを再認識することができます。

 

 

|地元ガイドの声

「あえのこと」の説明では、皆様ひときわ興味深く写真を見ておられました。若い見学者の方が、「こういう伝統はぜひ残していってほしいです」とおっしゃっており、便利で豊かな都会では見られない奥能登の風土に根ざされた信仰が、都会の人には興味が注がれるのかなと思いました。

ガイドの珠洲なまり「本当きゃあ?」を4人の乗客の方々それぞれ覚えられ、楽しかったと別れ際におっしゃっていただいたことがよかったです。ずぶの素人の私のガイドに、運転手さんとの漫才のようなかけ合わせで、車内の皆様もなごやかに打ち解けられました。笑顔で降車してくださいました。

同じ作品を重ねて訪れる度に新しい発見があり、乗客の方の質問で気付かされたり、作品への理解が深まり、また、珠洲の素晴らしさの所以に触れることができて、よい体験をさせていただきました。

 

 

しかし、まだまだ地元ガイドのスキルをあげることが必要であると感じました。「この場所でこの話を伝えてほしい。」「作品についての説明をより詳しく説明してほしい。」など、もっとお客様に充実した時間を過ごしていただくためのスキルを上げることによって、会期後も珠洲市を盛り上げることに繋がるはずです。

 

そのためには
・珠洲市の中で「アートバスガイド」を確立させる
・地元バスガイドの人材確保とスキルの底上げ
・アートバスガイドを継続的に回せる仕組みをつくること

以上のことが必要だと考えています。


しかし、運営しているサポートスズは、これを実現させるにあたり、資金的に厳しい状況にあります。そこで皆さまにこの「すずアートバス」というプロジェクトをまずは知っていただき、応援していただきたいと思います。

 

|クラウドファンディング概要

 

<目標金額>

300万円

 

<資金使途>

地元ガイドへの説明会開催費用、研修費用、会期中の運営費用(人件費等)、広報費用、リターン費用、READYFOR手数料

 

<スケジュール概要>
2023年9月:ガイド研修(座学、コース試乗)、マニュアル作成、シフト作成
9月23日〜11月12日:アートバス運行

 

・今年は従来の半日基本4コースに加え、終日コースを新たに追加設定予定です。また、ツアー会社の添乗要望が増加しており、地域住民による「地元ガイド」のニーズが高まってきています。

 

※本プロジェクトは、支援総額が期日までに目標金額に届かなかった場合でも、目標金額分を自己負担するなどして、必ず上記の実施内容の通り実行いたします。

 

 

リターン一覧

 

今回ご支援いただいた皆さまへ、以下の通りリターンをご用意しています。

 

なお、【9/22〆切】となっているコースについては、9月末までに公式ガイドブックと作品鑑賞パスポートをお送りいたしますので、ぜひ芸術祭をリターンとともにお楽しみください。

 

該当コースは、9/22(金)18:00までにREADYFORへの着金を完了していただく必要がございますので、ご注意いただきますようお願いいたします。

 

リターンタイトル

限定個数

金額

公式グッズ(クリアファイル、ペン) ¥5,000
【9/22〆切】公式ガイドブック ¥5,000
【9/22〆切】作品鑑賞パスポート ¥10,000
公式グッズ(手ぬぐいなど) ¥10,000
潮騒レストランの食事券 ¥30,000
潮騒レストランの食事券+公式グッズ ¥50,000
アートバスガイド添乗券+公式グッズ ¥50,000
サイン入り公式ガイドブック+潮騒レストランの食事券 ¥100,000
サイン入り公式ガイドブック、記録集+潮騒レストランの食事券 ¥300,000

 

|「すずアートバス」にご乗車を希望される方へ

 

ここまで読んでいただき、すずアートバスにご乗車したいと思ってくださった方もいらっしゃると思います。そんな方にすずアートバスの乗車方法をご説明いたします。

 

すずアートバス公式サイトから希望のコースを選んでお申し込みください。

ただし、ここでの申し込みは乗車券のみのご予約ですので、別途作品鑑賞パスポートが必要になります。当日お買い求めできますが、リターンコース3でもパスポートを入手できますので、ご乗車を検討されている方はぜひ、こちらのリターンをお選びください。

 

 

さいごに

 

クラウドファンディングでみなさんにこの「すずアートバス」を応援していただくことによって、芸術祭会期以降もより多くの人に珠洲の魅力をお伝えすることができます。

 

さらに、地元の方々にとってもこのツアーを通して珠洲のよさを再認識することができ、活力にもなります。ぜひ、皆さまの温かいご支援をお待ちしております。スタッフ一同、奥能登国際芸術祭2023で皆さまに会えることを心よりお待ちしております。

 

 

 

|サポートスズとは

 

サポートスズは石川県珠洲市を拠点にし、珠洲が誰かにとって帰りたくなる場所に、訪れたくなる場所になるために、芸術祭を通じて珠洲と日本・世界各地の懸け橋となるための活動をしています。

 

サポーター朝礼の様子

 

 

運営からのメッセージ

  珠洲市長 泉谷満寿裕  

 

「奥能登国際芸術祭2023」は、アートを通して人と人を、地域と地域を、さらには珠洲市と世界をつなぐために、そして、5月5日の震災からの復興に向けた光として開催します。


「すずアートバス」は、公共交通機関が脆弱な珠洲市において、アートを巡るために必要な取り組みであり、また、地元のボランティアガイドとの交流によって、さらなる理解と感動が得られることと思います。是非、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

  一般社団法人サポートスズ 理事長 南方治  

 

奥能登国際芸術祭が今年3回目の開催を迎えます。私たち(一社)サポートスズはその運営の一端を担っています。

 

その中の一つにすずアートバスがあります。鑑賞にいらっしゃるみなさまを地元ガイドとともに珠洲の文化や歴史などを伝えながら、この土地に触発されたアート作品を巡るツアーを行うものです。ガイドは高齢の方が中心ですが、20代~70代と年齢は幅広く、拙いところもあるかもしれませんが、おもてなしの心には自信があります。

 

ただ、このアートバスの運営やガイドを育成していくには、どうしてもある程度の費用が必要なのです。「すずアートバス」を芸術祭の会期中だけでなく今後も永く珠洲市の魅力を伝えていくツールにしていきたいと考えています。みなさま!是非このプロジェクトに大きな応援をお願いいたします。

 

 

応援メッセージのご紹介

  経済産業大臣 西村 康稔  

 

被災された珠洲のみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

 

私自身、現地を視察させていただき、皆様からの切実な声を伺いました。奥能登は石川県に赴任した際、そしてその後も何度となく訪れた、私にとって非常に思い出のある場所です。これから復興に向けた動きが本格化するなか、地域が活力を持ち続けていけるよう、出来ることを全力で応援していきたいという思いを強くしております。

 

復興のさなか、復興のシンボルとして、奥能登国際芸術祭の開催をご決断された実行委員会の皆様に深く敬意を表しますとともに、大好きな奥能登の復興の一助となるよう、私からも本プロジェクトを応援させていただきます。

 

  石川県知事 馳浩  

 

令和5年度奥能登地震により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

 

奥能登国際芸術祭は、日本の原風景ともいうべき奥能登の自然と向き合いつつ、アートの力で地域の魅力を世界に発信してきました。震災からの復旧・復興のさなか、関係者の皆様のご尽力により、今年もこの芸術祭が開催されることは、アートにより磨かれた珠洲らしさだけでなく、珠洲のたくましさも伝えるまたとない機会となるでしょう。

 

本プロジェクトにより、奥能登の魅力がさらに多くの皆さまに伝わり、これまで以上に多くの方々に、奥能登を訪れていただくことを祈念しております。

 


プロジェクトに関するご留意事項

 

○掲載している画像はすべて許可を得て掲載しています。作品写真については以下の通りです。

Photo Credit
・塩田千春「時を運ぶ船」 JASPAR,Tokyo,2023 and Chiharu Shiota
・その他の作品 Kichiro Okamura

 

○天災や新型コロナウイルス感染拡大等の社会情勢の変化により、プロジェクトの実施時期延期、中止等が生じる可能性がございます。その場合でも、皆様からいただくご支援は今後の運営費用にあてさせていただくこととし、ご支援の返金は行わない形とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

○本プロジェクトへのご支援は寄付金控除の対象にはなりませんので、予めご留意ください。

 

○ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

 

○支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

○なお、ご支援後に上記情報を変更することはできず、アカウント情報を変更した場合でも、ご支援時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されませんのでご注意ください。

 

○本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、こちらから「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」の項目をご確認ください。

 

○銀行振込にてご支援いただく際、返金先口座情報をお伺いいたしますが、All-inのため原則返金はいたしません。ただし万が一ページで約束していたプロジェクトを実施できなかった場合や、振込金額が予約金額より超過している、もしくは不足しており追加で振込まれない場合に返金先口座を利用いたします。お手数ですがご入力をお願いいたします。

 

○ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください

プロジェクト実行責任者:
南方治(一般社団法人サポートスズ理事長)
プロジェクト実施完了日:
2023年11月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

・地元ガイドへの説明会、研修費、会期中の運営費用(人件費等)、広報費用、リターン費用、READYFOR手数料として300万円を募ります。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    //olivierhm.com/projects/suzu-artbus?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    //olivierhm.com/projects/suzu-artbus?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • note

リターン

5,000+システム利用料


公式グッズ(クリアファイル、ペンなど)

公式グッズ(クリアファイル、ペンなど)

●お礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●公式グッズ(クリアファイル、ペンなど)

※写真はイメージです。公式グッズの内容は変更する可能性がございます。

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年3月

10,000+システム利用料


公式グッズ(手ぬぐいなど)

公式グッズ(手ぬぐいなど)

●お礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●公式グッズ(手ぬぐいなど)

※写真はイメージです。公式グッズの内容は変更する可能性がございます。

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年3月

30,000+システム利用料


潮騒レストランの食事券

潮騒レストランの食事券

●ポストカードへの手書きお礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●潮騒レストランの食事券(9,000円相当)
・利用期限:2024年4月〜2024年9月末まで

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

50,000+システム利用料


アートバスガイドの派遣+公式グッズ

アートバスガイドの派遣+公式グッズ

●ポストカードへの手書きお礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●公式グッズ
●アートバスガイドの派遣
・車で芸術祭や珠洲を巡ってお楽しみいただく際に、アートバスガイド1名が添乗させていただきます。
・移動時の自家用車やバスなどの車、また運転手様については、支援者様ご自身にてご手配いただきますようお願いいたします。
・利用期限:2024年4月〜2025年3月末

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

50,000+システム利用料


潮騒レストランの食事券+公式グッズ

潮騒レストランの食事券+公式グッズ

●ポストカードへの手書きお礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●公式グッズ
●潮騒レストランの食事券(9,000円相当)
・利用期限:2024年4月〜2024年9月末まで

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年9月

100,000+システム利用料


参加作家のサイン入り公式ガイドブック+潮騒レストランの食事券

参加作家のサイン入り公式ガイドブック+潮騒レストランの食事券

●ポストカードへの手書きお礼状
●ホームページへお名前掲載(企業名・ロゴも可/小サイズ/希望制)
●参加作家のサイン入り公式ガイドブック
●潮騒レストランの食事券(15,000円相当)
・利用期限:2024年4月〜2024年9月末まで

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2024年9月

300,000+システム利用料


参加作家のサイン入り公式ガイドブック、記録集+潮騒レストランの食事券

参加作家のサイン入り公式ガイドブック、記録集+潮騒レストランの食事券

●ポストカードへの手書きお礼状
●ホームページへお名前掲載(企業名・ロゴも可/大サイズ/希望制)
●参加作家のサイン入り公式ガイドブック、記録集
●潮騒レストランの食事券(15,000円相当)
・利用期限:2024年4月〜2024年9月末まで

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2024年9月

5,000+システム利用料


【9/22〆切】公式ガイドブック

【9/22〆切】公式ガイドブック

●お礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●公式ガイドブック
・9月末までに発送いたしますので、ぜひガイドブックとともに奥能登国際芸術祭をお楽しみください。

※9/22(金)18:00までにREADYFORへの着金を完了していただく必要がございます。銀行振込でお申込みの方はお早めのお手続きをお勧めします。

支援者
28人
在庫数
-
発送完了予定月
2024年3月

支援受付を停止しています

10,000+システム利用料


【9/22〆切】作品鑑賞パスポート

【9/22〆切】作品鑑賞パスポート

●お礼状
●ホームページへお名前掲載(希望制)
●作品鑑賞パスポート
・9月末までに発送いたします。奥能登国際芸術祭をお楽しみください。

※9/22(金)18:00までにREADYFORへの着金を完了していただく必要がございます。銀行振込でお申込みの方はお早めのお手続きをお勧めします。

支援者
35人
在庫数
-
発送完了予定月
2024年3月

支援受付を停止しています

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

ファンとつくる歴史的な1日!阪神、オリックス優勝記念パレード のトップ画像

ファンとつくる歴史的な1日!阪神、オリックス優勝記念パレード

阪神タイガース、オリックス・バファローズ優勝記念パレード実行委員会阪神タイガース、オリックス・バファローズ優...

#地域文化

16%
現在
81,651,000円
支援者
10,553人
残り
15日

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする